海洋散骨の代行サービス・まごころ込めた粉骨と費用のことなら平安堂

ホームページからお申込 24時間365日受付中

電話受付 10:00-19:00 木曜定休日

047-315-0573

平安堂通信

骨壺・骨箱を処分する方法


散骨や改葬などで不要となった骨壺は骨箱、骨箱カバーなども含めて葬祭品となりますが「処分する」となれば気が引ける方も多いでしょう。ですが故人の為に用意された葬祭品は遺品でもなく、再利用もしないので気負いなく一般ゴミとして処分して大丈夫です。

自分で処分する方法

骨壺,処分,道具

1)骨つぼの処分

骨壺は陶器ですから、お茶碗など食器と同じようにお住まいの自治体で不燃ごみとして引き取ってくれます。ですが人目に配慮して故人名や骨壺の形が分からない程度まで砕いたほうが良いでしょう。骨壺を砕く時は破片が飛び散らないように新聞紙で骨壺を包み、厚手の大きい袋に入れます。そして叩く音が響かないようにタオルを当てた上からハンマーで砕いていきます。砕き終わったら自治体のゴミ出しルールに従って廃棄してください。

2)骨箱の処分

骨箱も木製(桐製)ですから可燃ごみとしてそのまま廃棄できます。ですが綺麗に化粧が施された骨箱は目立ちますので骨壺と同じようにハンマーで壊してゴミに出した方が良いでしょう。更に骨箱と判断できないように紙袋に包んだほうが賢明かもしれませんね。

もし骨箱を壊すことが大変であれば回収日に業者に直接手渡すといいかもしれません。

3)骨箱カバー、白い布

骨箱カバーや白い風呂敷も小さく折りたたんで可燃ごみとして廃棄できます。

お寺や業者に依頼する

墓じまい、改葬で不要になった骨壺などはお寺や霊園で無料もしくは少額で引き取ってもえらます。また散骨業者も同様に無料で処分をしてくれます。

お寺や法人で不要となった骨壺などはマニュフェスト伝票を作成して自治体が指定する廃棄物収集会社に回収してもらいます。弊社ではお預かりした骨壺などは無料で処分させていただきます、千葉県指定の処理業者に依頼していますのでどうぞご安心ください。

《こんな業者もいるので注意!》
2018年7月に東京都足立区の石材店経営者がマンションのゴミ置き場に合計9回にわたって数人分の遺骨と骨つぼなど計21点を不法投棄したニュースがありました。電話の対応、ホームページの内容から、信用できるか判断する必要がありますね。

遺品の整理は?

お焚き上げを利用する
神社やお寺でお焚き上げをお願いできる遺品は遺影、位牌、写真、手紙、人形など故人が残した小さいものとなりますので大型の遺品や燃えないものは不可となります。
開催時期はお盆や年末など年数回ほどなので町の掲示板や回覧板で告知されるのでチェックしてみてください。また有料ですが最近ではインターネットでも遺品を段ボールで送る便利なサービスが申し込めるので利用するのも手ですね。遺品ではないですが仏壇は粗大ゴミとして処分、または引取専門業者に依頼となります。

申込はこちらから

サービス&料金

ご利用ガイド

ご挨拶

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。少しでも費用を抑えて安心できる散骨代行サービスを多くの方にご提供することが当社の使命と感じております。他人に散骨を託すという事にご不安があるとは存じますが、どうか安心して弊社にお任せください。

平安堂店長  渡邉陽一郎

民間宅配業者では遺骨を送る事ができないので郵便局の「ゆうパック」を利用します。遺骨を郵送なんて故人に「申し訳ないわ」、「気が進まない」と思われるかもしれません。ですが女性や高齢者が重い骨壺を運ぶことは大変です。また運んでくれる人や手段がない場合もあります。全国のお寺さんに納骨をする為『ゆうパック』で各地から届いております。ゆうパックはお寺さんもお認める方法で追跡サービスもあるので安心してご利用できます。

よく読まれる記事

遺品整理で遺骨をみつけた
遺骨を処分する方法と費用
遺骨を自宅で保管する方法
渡辺家の散骨レポート
骨壺・骨箱を処分する方法
遺骨を郵送する方法

海洋散骨は環境に優しい♪

遺灰の主成分は自然界に存在する”リン酸カルシウム”なので海や土壌に撒いても環境汚染はなく完全に自然に還ります。石材を大地から切り出したりトラックや船で輸送など環境に負担があるお墓よりも海洋散骨はエコで環境にやさしい葬送であることがわかります。

海洋散骨は四十九日後がいいの?

火葬後、法要の節目の四十九日でなくても散骨はいつでも行うことができます。仏壇に遺骨を長く保管されている人も含めて法律的にも宗教的にも期限は無く、いつでも散骨をして大丈夫。四十九日は法要の一つの節目で忌明けの日に遺族が集まる事からお墓に納骨する日とされているだけのことです。 よって故人への気持ちの整理がつけば海洋散骨を検討されても良いかもしれません。

お墓が高い本当の理由!?

お墓を建てるには墓石代金+工事費用で平均200万円近くかかると言われています。 墓石は日本産以外に中国、インドから多く輸入されているのですが日本で流通している石材の約80%が原価の安い輸入石材といった現実もあります。にもかかわらず、私たちは墓石の適正価格を知らないので提示された高い金額を受け入れるしかありません。
また工事費用が高いのは基礎工事の必要性や重機を使用する理由もありますが施工期間が短いのでそもそも費用が高く設定されています。 基本的に民営霊園や寺院墓地の指定業者が工事を行うので私たちは業者を選ぶ自由がありません。お墓だけに値切るという事も気が引けてしまいますし悲しいかな、これらの理由でお墓を高く買わざる得ないなのですね。 余談ですが仏教発祥のインドには仏壇は存在せず日本だけが仏壇を持つらしいです。 価値観も多様化している今、仏壇やお墓にこだわらない散骨という選択もあります。

TOP▲