海洋散骨の代行サービス・まごころ込めた粉骨と費用のことなら平安堂

ホームページからお申込 24時間365日受付中

電話受付 10:00-19:00 木曜定休日

047-315-0573

よくあるご質問

粉骨、散骨に関してよくお寄せいただくご質問についての回答を記しています。
何かご不明な点等ございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

1.事前に用意しておく書類はありますか?

A.身分証明書(運転免許証、保険証など)のコピー
B.以下のどちらか
イ)埋葬(火葬)証明書(自宅や納骨堂にある遺骨)
ロ)改葬許可書(お墓に埋葬の遺骨)
が必要です。

2.埋葬(火葬)証明書ってなんですか?

死亡届を役所に提出する際、A「火葬許可申請書」という書類も同時に提出します。このA「火葬許可申請書」と引き換えるかたちで、B「火葬許可証」を受取ります。
B「火葬許可証」を提出して火葬が終わると火葬日などが記入されたC「埋葬証明書」として返却されます。この一連の手続きを行うとD[埋葬(火葬)証明書]となります。こちらは納骨の際必ず必要な書類になるものです。

3.改葬許可書ってなんですか?

お墓を処分して(墓じまい)、遺骨を永代供養墓や他の場所に移動することを「改葬」といいます。
改葬に必要な書類は、既存の墓地管理者が発行する①「埋葬許可証」、既存の墓地のある役場が発行する②「改葬許可証」、新しい墓地管理者から発行される③「受入証明書」などがあります。 改葬に必要な②「改葬許可証」は、既存の墓地のある市区町村役場の窓口で「散骨の予定」を伝えて手続きを行い発行してもらいます

4.埋葬(火葬)証明書がありません。粉骨や散骨を依頼できますか?

再発行の手続きが必要になります。
【埋葬(火葬)証明書を再発行する場合】 通常、埋葬(火葬)証明書は骨箱の中にある事が多いので、ご確認してみてください。
無い場合は火葬後5年以内であれば火葬した火葬場で火葬証明書の再発行が可能です。その火葬証明書をもって市区町村役場に埋葬証明書を再発行してもらいます。詳しくは市区町村役場に事前にお聞きください。

【再発行できない場合】以下の事項が必要です。
霊園側が発行する納骨使用許可書等があれば写しをご用意ください。
粉骨依頼者が遺骨の親族であることが解る書類(戸籍謄本や死亡診断書のコピーでもかまいません)

5.家族・親族以外が申し込む場合は?

親族以外の第三者がお申込者の場合は遺族からの委任状を添えて下さい。

6.真空パック包装した粉骨はどれくらい保管できますか?

湿度の低く管理状態がいい場合で真空パック包装は開封しなければ10年以上の保管可能です。粉骨コースの水溶性大袋は真空パック包装ではありませんのでご注意下さい。

7.散骨は法律で認められていますか?

現在「墓地、埋葬等に関する法律」と「遺骨遺棄罪」刑法190条があります。
法務省は「散骨を希望する者が相当の節度をもって行う場合は、処罰の対象としない」という見解です。よって法的問題はありません。 ご自身で散骨する場合も許可書や届け出の必要もありませんが散骨する予定地域に該当する自治体にお尋ねください。

8.領収書は発行できますか?

領収書の宛名は“申込み者様のお名前”、但し書きは、“葬祭代金”と記載してお渡しできます。

9.送料はどうなりますか?

送骨セット・・・弊社(弊社負担)⇒お客様(お客様負担)⇒弊社
各種証明書・・・弊社(弊社負担)⇒お客様
粉骨のご返送・・・弊社(弊社負担)⇒お客様

10.キャンセルできますか?

申込された後、送骨セットが未発送の場合はキャンセルが可能です。
送骨セット発送後のキャンセルはご依頼者と合意の上、送骨セット2500円、送料1000円、振込手数料を差し引いてご返金いたします。 粉骨・散骨後はキャンセルができません。

11.骨壺のサイズの測り方を教えてください。

骨壺のフタの直径(㎝)をお知らせください。

12.海外発送はできますか?

弊社では海外発送はお断りさせていただいております。ご遺骨や遺灰の郵送は多くの国が禁制品に指定されています。 ご自身で飛行機持込で国外に持参する事は可能です。

13.粉骨後の遺骨は白くなりますか?

ご遺骨や保管の状態によりますがご遺骨そのままの色味(白~グレー色)になります。 故人様の健康状態や副葬品の影響により黄色・青色・ピンクに近い白色になる場合があります。

14.公的補助金で散骨費用が軽減できますか?

葬祭費用給付金制度で散骨費用が支給対象となりますので、実質費用が負担ゼロで行える場合があります。
国民健康保険・社会保険の被保険者(加入者)の方が亡くなられ葬儀後(死亡日から2年以内)、葬祭費(埋葬費)の一部が支給される制度です。

国民健康保険(後期高齢者医療制度)の場合 支給金額 1~7万円
社会保険(企業や団体)の場合 支給金額 5万円
詳しくは各市町村の健康保険を取り扱っている窓口、または社会保険の加入されてる故人様の勤務先にお問い合わせください。

⇒トップページに戻る

TOP▲