海洋散骨の代行サービス・まごころ込めた粉骨と墓じまいの遺骨は平安堂へ

ホームページからお申込 24時間365日受付中

電話受付 10:00〜19:00 木曜定休日

047-315-0573

渡辺家の散骨レポート

渡辺家の散骨レポート

墓墓じまい、散骨をした平安堂店長の経験談です。「墓じまいってこんな流れなのね」と大まかですが写真付きでイメージできると思います。ぜひ、ご参考にしてください。

1.散骨を選んだ事情

お墓不要になったワケ

そもそも墓じまいを決めたのは、お婆ちゃんが亡くなった数年後のことでした。高齢の母も墓参りがツラくなり、独身で跡継ぎがいない私もお墓の継承ができないことから
・お墓参りが大変
・跡継ぎ、いない…
・維持費用も掛かる

ならば「お墓不要では?」という結論になったのです。

お墓

↑このお墓の購入・改築で300万円!
さらに今までの墓地管理費、お墓参りの費用もあります。


「お墓をもつのは当たり前」という時代でしたが、このお値段は信仰上またはお金に余裕ある人しか買えないです。
今更ですがお墓って高級車ぐらい贅沢品だったのかとつくづく考えさせられます。


そして早速、墓地管理事務所に電話すると「墓を建てた石材店」と打合せするよう言われました。たいてい霊園の指定業者がいますが、数社から見積って信頼できそうな安い業者を選べることもあります。

豚ちゃんがいる石材店

某日、墓じまいの手続きで40年お世話になった石材店に来ました。
店内には様々な石材サンプルや置物が展示されていました。ピカピカな豚ちゃんが可愛いです。

石材店の社長の説明によると、私の手続きは

1)墓じまいの日を予約←今ココ
2)石材店が墓地管理事務所にその連絡
3)墓じまいで遺骨取出し、後日墓石を撤去

と説明された後、肝心の見積書に目を通します。

【見積書の内訳】
お墓撤去・・30万円
当日遺骨取出し・・3万円

またもや高額33万円…
値切りたい気持ちを抑え、墓じまい当日にお支払という事で石材店を後にしました。後で調べたら撤去費用30万円は安いみたいです。

墓じまい当日

墓じまいの日、霊園の管理事務所で手続きを行います。

ほとんどの自治体では散骨するのに「受入証明書」「改葬許可書」は不要であり、遺骨は「一時自宅保管」として手続きを行います。

【受入証明書って何?】
受入証明書とは新たな納骨先であるお寺や霊園から発行される証書です。お墓の引越しを「改葬」と呼び、改装の場合には改装証明書と受入証明書がないとお墓から遺骨を取り出すことはできません。自治体によって散骨でも改葬許可書が必要な場合があります。

手続きを終えてお墓まで歩くこと5分、渡辺家のお墓で作業するおじさんを発見。
プライバシーの観点から、おじさんの光る頭部、お顔は映らないように配慮です。

墓じまいが始まる

まずはキズ防止の毛布を敷き、バールでゆっくりと石のフタを開けていきます。
ここから一気に写真でご覧ください。

墓じまいの時、宗派によっては閉眼供養(お坊さんが魂を抜いて普通の石に変えること)をしますが、行わなくてもOKです。
その場で遺骨を取り出した後、墓石を撤去して区画は霊園側に返却されます。

【区画って誰のもの?】
お墓の区画は「永代使用料」を払い霊園やお寺が所有する土地を借りています。よく「お墓を買った」と言いますが「土地も購入した」訳ではありません。

そこに石材店の社長さんが絶妙なタイミングで登場。
私は笑顔で大金をお支払いして、
ようやく親父たちの遺骨を自宅に持ち帰えることができました。

散骨は東京湾の沖合

粉骨にした遺灰を持ってボート会社に到着しました。今回はプライベート散骨としてボートを予約しています。

【粉骨って?】
遺骨そのままの状態では散骨ができない為、遺骨を2㎜ほどパウダー状の粉骨して散骨を行います。粉骨の方法を詳しく解説したページもご覧ください。

この日の天気は曇り時々雨の予想。

出航したボートはゆっくりと東京ディズニーランドを通過して南下していきます。

風も波もない絶好のタイミングで散骨ポイントに到着しました。今回は特別な思いで散骨をします。

いよいよ私の手から海に放たれた親父たちの遺灰が大海原の還っていきます。そして献花、一礼をして最後のお別れをしました。

親孝行できた!

散骨を終えた数日後に石材店からお墓を撤去した証明写真が送られてきました。

写真のようにお墓のあった区画は更地に。今は少量残した遺骨は小ぶりな骨壺(2.3寸)にいれて手元供養として毎日手を合わせています。

散骨をしても故人を身近に感じれるのが、手元供養の良い点ですね。
母親も「すぐに手を合わせることができる」と喜んでいます。墓じまい~散骨まで約2か月間、忙しかったですが、色々な心配や負担が無くなり今は「お墓なくても問題ない」と感じております。

朝日新聞のアンケートによると散骨葬を希望する人が40%近くまで増えているそうです。私と同じく墓でお悩みの方をサポートしてゆけたらと思っております。長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました

平安堂店長 渡辺

申込はこちらから 資料請求はこちらから

サービス&料金

ご利用ガイド

ご挨拶

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。多くの方に少しでも費用を抑えて安心できる散骨代行サービスをご提供することが当社の使命と感じております。他人に散骨を託すという事にご不安があるとは存じますが、どうか安心して弊社にお任せください。

平安堂店長  渡邉陽一郎

写真でわかる墓じまい

    

墓じまいを検討されている方に『どのように手続きしたのか』『墓じまいの理由』を平安堂店長の経験談で読みやすく解説しています。

民間宅配業者では遺骨を送る事ができないので郵便局の「ゆうパック」を利用します。遺骨を郵送なんて故人に「申し訳ないわ」、「気が進まない」と思われるかもしれません。ですが女性や高齢者が重い骨壺を運ぶことは大変です。また運んでくれる人や手段がない場合もあります。全国のお寺さんに納骨をする為『ゆうパック』で各地から届いております。ゆうパックはお寺さんもお認める方法で追跡サービスもあるので安心してご利用できます。

骨壺を保管

よく読まれる記事

遺骨の六価クロム無害化
遺品整理で遺骨をみつけた
遺骨を処分する方法と費用
遺骨を自宅で保管する方法
渡辺家の散骨レポート
骨壺・骨箱を処分する方法
遺骨を郵送する方法

海洋散骨は環境に優しい♪

遺灰の主成分は自然界に存在する”リン酸カルシウム”なので海や土壌に撒いても環境汚染はなく完全に自然に還ります。石材を大地から切り出したりトラックや船で輸送など環境に負担があるお墓よりも海洋散骨・樹木葬はエコで環境にやさしい葬送であることがわかります。

海洋散骨は四十九日後がいいの?

火葬後、法要の節目の四十九日でなくても散骨はいつでも行うことができます。仏壇に遺骨を長く保管されている人も含めて法律的にも宗教的にも期限は無く、いつでも散骨をして大丈夫。四十九日は法要の一つの節目で忌明けの日に遺族が集まる事からお墓に納骨する日とされているだけのことです。 よって故人への気持ちの整理がつけば海洋散骨を検討されても良いかもしれません。

お墓が高い本当の理由!?

お墓を建てるには墓石代金+工事費用で平均200万円近くかかると言われています。 墓石は日本産以外に中国、インドから多く輸入されているのですが日本で流通している石材の約80%が原価の安い輸入石材といった現実もあります。にもかかわらず、私たちは墓石の適正価格を知らないので提示された高い金額を受け入れるしかありません。
また工事費用が高いのは基礎工事の必要性や重機を使用する理由もありますが施工期間が短いのでそもそも費用が高く設定されています。 基本的に民営霊園や寺院墓地の指定業者が工事を行うので私たちは業者を選ぶ自由がありません。お墓だけに値切るという事も気が引けてしまいますし悲しいかな、これらの理由でお墓を高く買わざる得ないなのですね。 余談ですが仏教発祥のインドには仏壇は存在せず日本だけが仏壇を持つらしいです。 価値観も多様化している今、仏壇やお墓にこだわらない散骨という選択もあります。

TOP▲