海洋散骨の代行サービス・まごころ込めた粉骨と墓じまいの遺骨は平安堂へ

ホームページからお申込 24時間365日受付中

電話受付 10:00〜19:00 木曜定休日

047-315-0573

平安堂通信

遺骨を自宅で保管する方法

自宅の遺骨""

「お墓がない」「故人と一緒にいたい」といった事情で、遺骨を火葬後やお寺から持ち帰り、自宅保管している方も多いようです。遺骨を身近に置くことを手元供養と呼び、最近ではごく一般的になっています。

遺骨の保管について法律的にOK? カビたり、虫がわく?といった疑問から保管方法・注意点、そして最後に手放すタイミングまでご紹介したいと思います。

遺骨の自宅保管はOK?

昔から「遺骨はお墓へ納めるもの」と思われていますが墓地・埋葬に関する法律には「絶対にお墓に埋葬すること」とは書いてありません。

そして仏壇、遺骨、墓地所有権をひきつぐ祭祀継承者が故人を弔うために遺骨を手元に置くことは認められています。つまり法律的に違法でもなく、何の問題もありません。

※「火葬埋葬許可書」や「改葬許可書」といった大切な書類は遺骨と一緒に骨箱の中に保管しておきましょう。

仏壇に遺骨を置くってダメ?

仏壇

遺骨を仏壇と一緒に置いている方もいると思います。ですが仏壇はお寺の本堂と見立てているので本来は「仏様を祀る場所」であり、「遺骨を祀る場所」ではないのです。

また仏教では「執着すること」は良くないと言われ、遺骨を持ち続けることも好ましくないという解釈もあるようです。ですが時代とともに遺骨を持ち続けることも仏壇に置くことも一般的なスタイルになっています。

遺骨はカビが大敵です

いざ、骨壺を開けたら「遺骨がカビだらけ!」ということもあります。「カビの原因は長期保存では」と思いがちですが、短期間でもカビの発生が十分起こりえます。

火葬場で高温800~1200度で燃焼された遺骨はカラカラに乾燥しており、ほぼ無菌の状態なのでカビの栄養源もありません。ですが保管場所によっては骨壺内の湿度が上がり、遺骨は湿気帯びてきます。
そこに空気中の細菌やカビの胞子が湿った遺骨に付着してしまうと結果的にカビが生えてくるのです。
という訳で適切な遺骨の保管場所選びが重要となります。

正しい遺骨の保管方法

自宅保管

現代住宅では仏間はあまり見かけませんので、以下のような場所が最適です。

◆こんな場所を選びましょう!

・直射日光が当たらない
・なるべく暗めの場所
・風通しのよい場所
・開け閉めが多い押入れ
・台所、風呂場など水回り付近はダメ

といった条件を満たした部屋、リビング、寝室、押入が理想的です。
また細菌が遺骨に付かないように骨壺をむやみに開けたり、遺骨を手で触るのは控えましょう。最初からフタをサランラップやガムテープで巻くと効果的です。

たまに「虫がわく」と言われるようですが、弊社でも沢山のご遺骨をお預かりしていますが「虫がわいた」状態を見たことがありません。きっと「早くお墓に入れないと故人に申し訳ないよ」と心配される方の言い回しかもしれませんね。

遺骨が変色している!

「遺骨は白い」というイメージですが、ピンク、青、ムラサキ、緑の色が付いていることがあります。これらの色は火葬された時に体内に含まれている色々な成分の化学反応と考えられています。遺骨の劣化や腐った訳でもなく、そこだけ臭うという事もありません。

一説によると一緒に火葬した花の色素が付着した、または故人が服用していた薬の影響とも言われていますが定かではありません。いずれにしても変色自体に問題はなく、そのまま保管をされても大丈夫です。

手元供養をもっとオシャレに

骨壺は関東は8寸、関西は5寸ほどと高さ10~30㎝程の存在感から、小さいお子様は怖がりますし、家族は何とかして欲しい!と感じているかもしれません。また来客の時もちょっと気まずいですよね。なので家族や来客への配慮も大事なことになります。

昔のような重厚な仏壇ではなく、最近では納骨できるモダンな仏壇の人気が高まっています。また、粉骨にすると遺骨のボリュームが1/3~1/4になるので小さい骨壺に入替すれば目立たない手元供養にする方法もあります。

省スペースでデザイン性の高い手元供養なら来客の時も安心です。また遺骨の一部をペンダントやネックレスなどに加工して身に着ける手元供養も女性には人気だそうです。

遺骨を少し残して散骨する方法

散骨はお墓を買うより安い、管理がない、継承不要といったメリットがあります。散骨をする為に2㎜以下に粉骨された遺灰を、すこし残しておけば「手元供養」もできます。海洋散骨アドバイザーである平安堂スタッフも家族の遺骨を散骨した後に行ったオススメの方法です。毎日手を合わせることができて、故人を身近に感じられます

⇒カンタンにできる手元供養

分骨すると成仏しない?

分骨とは遺骨を2か所以上に分けることです。たとえば、家族でそれぞれ遺骨を分けて持つ、または散骨をして少しの遺灰を手元供養用に残せば分骨ということになります。分骨は言葉の通り「遺骨を分けてバラバラにしてしまう」と連想してしまうことから分骨は良くない、成仏ができないのでは?と勘違いされるかもしれません。

ですが日本では古来より仏教の宗派関わらず本山寺院へ分骨を行われていたり、関西では収骨方法の違いから火葬後は最初から分骨されています。
また、お釈迦様の遺骨も何万もの寺院に分骨されていますので、分骨は決して悪いことではありません

遺骨を手放すタイミング

ずっと家に置いてあった遺骨も最後は、手放す時が来るかもしれません。
その時は心の整理がついたタイミングや、49日後、故人の命日、法要などの節目に納骨や散骨をするとよいでしょう。

お墓に納骨するなら霊園やお寺へ、散骨なら散骨代行業者に事前に相談しましょう。どちらも火葬埋葬証明書や分骨証明書が必要になるので、慌てることの無いように証明書が手元にあるか確認をしておきます。

遺骨をお墓から取出す方法

自宅保管や散骨をするため、墓地から遺骨を取り出す場合、「自宅で一時保管」として手続きを行います。一時保管とは言っても実際は「長期の保管」が可能です。国や自治体の管理上、誰が何処で遺骨を保管しているか把握するための手続きなので「またお墓に納骨してください!」と言われる事はありません。

自宅保管の場合は「自宅一時保管用の書類」が発行されますが自治体により名称・形式が異なるのでご確認ください。墓じまいの場合も同様の手続きとなります。

埋葬されていた遺骨の保管は?

お墓の遺骨はカビの発生や雑菌が繁殖している可能性があります。そのような遺骨は家に置くには気が引けますよね。

そんな時は遺骨は天日干しをするか、ホームセンターなどで市販されているガスバーナーを使ってもう一度燃焼する方法があります。もし面倒であれば高熱乾燥機を持っている粉骨業者に依頼したほうが賢明でしょう。粉骨を依頼すれば乾燥処理も行ってくれます。乾燥した粉骨はキレイに洗浄した骨壺に戻してください。

すぐ改葬(新しいお墓に引越し)するための一時的な自宅保管であれば、骨壺はお墓から取り出したそのままの状態でも気にされる必要はないかもしれません。

以上、遺骨の自宅保管の方法をご紹介しました!省スペースで保管、移動や持運びがラク、後から自分で散骨できるといったメリットがある粉骨も、ぜひご検討ください。

申込はこちらから 資料請求はこちらから

サービス&料金

ご利用ガイド

ご挨拶

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。多くの方に少しでも費用を抑えて安心できる散骨代行サービスをご提供することが当社の使命と感じております。他人に散骨を託すという事にご不安があるとは存じますが、どうか安心して弊社にお任せください。

平安堂店長  渡邉陽一郎

写真でわかる墓じまい

    

墓じまいを検討されている方に『どのように手続きしたのか』『墓じまいの理由』を平安堂店長の経験談で読みやすく解説しています。

民間宅配業者では遺骨を送る事ができないので郵便局の「ゆうパック」を利用します。遺骨を郵送なんて故人に「申し訳ないわ」、「気が進まない」と思われるかもしれません。ですが女性や高齢者が重い骨壺を運ぶことは大変です。また運んでくれる人や手段がない場合もあります。全国のお寺さんに納骨をする為『ゆうパック』で各地から届いております。ゆうパックはお寺さんもお認める方法で追跡サービスもあるので安心してご利用できます。

骨壺を保管

よく読まれる記事

遺骨の六価クロム無害化
遺品整理で遺骨をみつけた
遺骨を処分する方法と費用
遺骨を自宅で保管する方法
渡辺家の散骨レポート
骨壺・骨箱を処分する方法
遺骨を郵送する方法

海洋散骨は環境に優しい♪

遺灰の主成分は自然界に存在する”リン酸カルシウム”なので海や土壌に撒いても環境汚染はなく完全に自然に還ります。石材を大地から切り出したりトラックや船で輸送など環境に負担があるお墓よりも海洋散骨・樹木葬はエコで環境にやさしい葬送であることがわかります。

海洋散骨は四十九日後がいいの?

火葬後、法要の節目の四十九日でなくても散骨はいつでも行うことができます。仏壇に遺骨を長く保管されている人も含めて法律的にも宗教的にも期限は無く、いつでも散骨をして大丈夫。四十九日は法要の一つの節目で忌明けの日に遺族が集まる事からお墓に納骨する日とされているだけのことです。 よって故人への気持ちの整理がつけば海洋散骨を検討されても良いかもしれません。

お墓が高い本当の理由!?

お墓を建てるには墓石代金+工事費用で平均200万円近くかかると言われています。 墓石は日本産以外に中国、インドから多く輸入されているのですが日本で流通している石材の約80%が原価の安い輸入石材といった現実もあります。にもかかわらず、私たちは墓石の適正価格を知らないので提示された高い金額を受け入れるしかありません。
また工事費用が高いのは基礎工事の必要性や重機を使用する理由もありますが施工期間が短いのでそもそも費用が高く設定されています。 基本的に民営霊園や寺院墓地の指定業者が工事を行うので私たちは業者を選ぶ自由がありません。お墓だけに値切るという事も気が引けてしまいますし悲しいかな、これらの理由でお墓を高く買わざる得ないなのですね。 余談ですが仏教発祥のインドには仏壇は存在せず日本だけが仏壇を持つらしいです。 価値観も多様化している今、仏壇やお墓にこだわらない散骨という選択もあります。

TOP▲