海洋散骨の代行サービス・まごころ込めた粉骨と墓じまいの遺骨は平安堂へ

ホームページからお申込 24時間365日受付中

電話受付 10:00〜19:00 木曜定休日

047-315-0573

平安堂通信

遺品整理で遺骨をみつけた時

遺品整理の部屋

現在、家に保管されている遺骨は関東でおよそ100万体、全国ではその倍で200万体あるとも言われています。ですから家族や親せきが亡くなった後の遺品整理中、また放置していた実家の掃除中に遺骨が出てくる事はそう珍しいことでがありません。ここでは遺骨を見つけた時の法律や解決方法を紹介します!

遺骨を勝手に処分してはダメ!

遺骨を見つけた場合、遺骨をそのまま自宅の庭に埋めたりゴミとして捨てたりすることは禁止されています。たまに遺骨を廃棄した事件がニュースになりますよね。

現行の法律では「死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、3年以下の懲役に処する」,「墓地以外の場所に埋葬してはならない」と勝手に遺棄したり埋葬すると罰せられるのです。自宅で保管をすること自体は違法ではありません。

遺骨の扱いは祭祀継承者の承諾が必要

遺骨を発見したら、まず最初に誰が祭祀承継者であるかを調べましょう。

祭祀継承者は故人の被相続人または親族から選ばれ、遺骨などの祭祀財産(遺骨・仏壇・位牌は祖先を祀るための財産)の所有権と扱いの権限を持ちます。(民法897条)

祭祀継承者が遺骨を引き取るのであれば問題はありませんが、もし引取りを拒否された場合は遺骨の処分の承諾をしてもらい委任状を作成します。この委任状を持ってはじめて祭祀継承者以外が遺骨を扱う事ができるのです。

祭祀継承者が不明の場合、埋葬(火葬)許可書に記載ある申請者が祭祀継承者の可能性もあるので確認してみてください。

埋葬(火葬)許可書は骨箱の中に入っている事がほとんどです。もし遺骨の身元が判別できない場合は遺失物として警察に届ければ遺失物として判断されたら自治体に無縁仏として保管されます。

また相続のトラブルになる原因の1つが借金付きの相続。亡くなった人の借金も相続対象となるのでそんな相続は放棄をしたいものです。あまり知られていませんが借金付きの相続を放棄しても祭祀財産である遺骨、仏壇、位牌などは引継ぐことができます。

お墓を買うのも高いし…

遺品整理で見つけた遺骨のために新しくお墓を建てるのは、費用も掛かり現実的な策ではありません。お墓を買わずに遺骨の供養はしたい場合はご自身の予算にあった自然葬や永代供養墓を選ぶと良いでしょう。お手頃な価格の散骨葬から数万円で納骨できる合同墓地をご紹介いたします。

散骨葬や樹木葬を選ぶ(2~50万円程度)

葬送費用が一番安いのは自然葬です。遺骨を粉骨にして海や山で遺灰を撒く方法です。海の散骨代行サービスを利用すれば2万円台から頼めます。墓石の代わりに樹木を墓標に見立てて遺骨を埋葬する樹木葬は5万円~50万円ぐらいが全国相場です。

合同墓地に納骨(5~30万円程度)

すでに霊園が建てた合同墓地(永代供養墓)なら、墓地管理者が永続的に管理や供養をしてくれます。ただ永代供養料金が格安の場合には遠く不便であったり、他人のご遺骨と混ざった状態で納骨するのでその点を気にしない方には良い選択だと思います。

納骨堂に納骨(30~100万円程度)

納骨堂は合同墓地と同じように永代供養墓ですが他の遺骨とは混ざらず別々に保管するタイプが主流です。近年、都市部では大きいロッカールームのようなビル型の納骨堂が増えてきていますが年間管理料を払ったり建造物であるゆえマンションのように将来は修繕費用が発生する可能性もあります。費用としては一番高い部類になるでしょう。

申込はこちらから 資料請求はこちらから

サービス&料金

ご利用ガイド

ご挨拶

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。多くの方に少しでも費用を抑えて安心できる散骨代行サービスをご提供することが当社の使命と感じております。他人に散骨を託すという事にご不安があるとは存じますが、どうか安心して弊社にお任せください。

平安堂店長  渡邉陽一郎

写真でわかる墓じまい

    

墓じまいを検討されている方に『どのように手続きしたのか』『墓じまいの理由』を平安堂店長の経験談で読みやすく解説しています。

民間宅配業者では遺骨を送る事ができないので郵便局の「ゆうパック」を利用します。遺骨を郵送なんて故人に「申し訳ないわ」、「気が進まない」と思われるかもしれません。ですが女性や高齢者が重い骨壺を運ぶことは大変です。また運んでくれる人や手段がない場合もあります。全国のお寺さんに納骨をする為『ゆうパック』で各地から届いております。ゆうパックはお寺さんもお認める方法で追跡サービスもあるので安心してご利用できます。

骨壺を保管

よく読まれる記事

遺骨の六価クロム無害化
遺品整理で遺骨をみつけた
遺骨を処分する方法と費用
遺骨を自宅で保管する方法
渡辺家の散骨レポート
骨壺・骨箱を処分する方法
遺骨を郵送する方法

海洋散骨は環境に優しい♪

遺灰の主成分は自然界に存在する”リン酸カルシウム”なので海や土壌に撒いても環境汚染はなく完全に自然に還ります。石材を大地から切り出したりトラックや船で輸送など環境に負担があるお墓よりも海洋散骨・樹木葬はエコで環境にやさしい葬送であることがわかります。

海洋散骨は四十九日後がいいの?

火葬後、法要の節目の四十九日でなくても散骨はいつでも行うことができます。仏壇に遺骨を長く保管されている人も含めて法律的にも宗教的にも期限は無く、いつでも散骨をして大丈夫。四十九日は法要の一つの節目で忌明けの日に遺族が集まる事からお墓に納骨する日とされているだけのことです。 よって故人への気持ちの整理がつけば海洋散骨を検討されても良いかもしれません。

お墓が高い本当の理由!?

お墓を建てるには墓石代金+工事費用で平均200万円近くかかると言われています。 墓石は日本産以外に中国、インドから多く輸入されているのですが日本で流通している石材の約80%が原価の安い輸入石材といった現実もあります。にもかかわらず、私たちは墓石の適正価格を知らないので提示された高い金額を受け入れるしかありません。
また工事費用が高いのは基礎工事の必要性や重機を使用する理由もありますが施工期間が短いのでそもそも費用が高く設定されています。 基本的に民営霊園や寺院墓地の指定業者が工事を行うので私たちは業者を選ぶ自由がありません。お墓だけに値切るという事も気が引けてしまいますし悲しいかな、これらの理由でお墓を高く買わざる得ないなのですね。 余談ですが仏教発祥のインドには仏壇は存在せず日本だけが仏壇を持つらしいです。 価値観も多様化している今、仏壇やお墓にこだわらない散骨という選択もあります。

TOP▲