散骨・粉骨の代行サービス業者「平安堂」墓じまいの遺骨・まごころ込めてご供養

ホームページからお申込 24時間365日受付中

電話受付 10:00〜17:00 木曜定休日

047-315-0573

平安堂通信

遺骨の処分方法&費用

遺骨の処理で困っている女性

遺骨の処分方法と費用(0~30万円)について紹介していきます!

・長い間、遺骨が家にある…
・お墓がなくて困っている
・遺品整理で古い遺骨を見つけた

と悩んでいる人や墓じまい後の遺骨を処分したい人も必見です。

遺骨を処分するときの注意点

間違った方法で処分すると警察沙汰になります。まずは実際にあった事件をご覧ください。

  • ・コインロッカーに妻の遺骨を置き去り!夫を逮捕
  • ・お寺に遺骨を放置。死体遺棄の疑いで女を書類送検
  • ・妻の遺骨をスーパーのトイレに流した夫が死体遺棄の容疑

このような「遺骨の置き去り」が過去5年で400件以上も警察に届け出もありました。

また「遺骨をゴミとして捨てる」「墓地でない場所に埋める」といったことは、遺棄罪や墓地、埋葬等に関する法律に抵触して逮捕されてしまいます。

刑法第190条「死体損壊・遺棄罪」
死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。

 

NHKテレビで遺骨の特集

このような事件の増加から「あなたの遺骨はどこへ⁉ 広がる新たな処分」といった特集をNHKテレビ・クローズアップ現代で取りあげたほどです。

正しい処分方法があるので、むやみに捨てないでくださいね。

0円で遺骨を処分する方法

●自分で散骨をすれば0円
個人でも散骨はできるので、自分でやりきれば費用ゼロです。ただし、散骨をするには遺骨と見えないようサラサラな粉骨にする必要があります。

自分で粉骨する方法

粉骨加工した遺骨
1)遺骨は布袋に入れ、ハンマーで粉砕
2)すり鉢やミキサーに移し、サラサラにします
3)粉骨後は容器などに入れて完了


この作業で問題なのは、1~2日かかり精神的・体力的にツラいこと。なので粉骨だけは専門業者に頼むと良いかもしれません。

1.2万円で遺骨を処分する

●業者に粉骨だけお願いする
粉骨の作業はハードなので12,000円で骨壺の処分もしてくれる粉骨業者に任せたほうが断然ラクだと思います。

粉骨にしたら、あとは自分で散骨するだけです。

1.2万円で粉骨⇒粉骨コース



【海で散骨する】
・人のいない場所や時間を選ぶ
・漁場や海水浴場は避ける
・海では喪服は控え、平服でOK
・散骨できる海か役所で確認
【山林で散骨する】
・必ず土地所有者に散骨許可を取る
・目立たないように行動
・川や湖の散骨は避けてください
【自宅の庭で散骨する】
・粉骨を撒くだけ
・埋めるのはダメ
・むやみに近隣住民に口外しない
・墓石は建てない、永住が前提
【骨壺・骨箱の処分】
・骨壺は「燃えないゴミ」へ
・骨箱・風呂敷は「燃えるゴミ」へ
・故人名はマジックペンで消す

2万円で散骨代行に頼む

●安い散骨業者で費用をおさえる
「仕事が忙しくて…」「海、船が苦手」など自分で散骨ができない方には代行サービスに委託という手もあります。

遺骨を散骨

「粉骨&散骨」がセットなので自分で散骨するより手間やお金もかかりません。
平均相場は3~5万円ですが、平安堂なら海洋散骨アドバイザーのプロが2万円でお花いっぱいの散骨をしてくれます。

散骨代行コース【東京湾】

3.6万円・樹木葬で遺骨を処分

遺骨を樹木葬で埋葬

●格安の樹木葬で供養する
お墓は経済的に無理だけど「ちゃんと埋葬してあげたい!」という方に、36000円の格安・樹木葬をオススメします。

都心からわずか1時間、千葉県市原市にある法光寺の樹木葬は、お墓掃除は不要、住職による読経も毎月あるので、お墓参りに行けない人には安心です。

格安の3.6万円⇒樹木葬のコース

●小平霊園の樹林葬もオススメ!
募集数の枠は少な目ですが、都民の方なら東京都立・小平霊園の樹林葬という選択もあります。遺骨のままだと13万円、粉骨にしておけば4.2万円で申込ができます。

こちらの樹木葬は年1回の抽選となるので事前に粉骨にしておくと良いかもしれません。抽選にもれても粉骨にしておけば自分で散骨ができます。

⇒粉骨コース

10~30万円・乗船型散骨で遺骨を処分

乗船型の散骨

●遺族が乗船する散骨は2タイプ
お金に余裕があり、自分達の手で散骨してあげたい方は、散骨代行サービスではなくボートをチャーターする方法があります。

ボートに乗る散骨は

1)合同散骨
2)個別散骨

の2種類があります。乗船人数、サービス内容などの条件で値段は異なりますが、およその相場は以下の通りです。

1)合同散骨なら10~20万円程度
合同散骨は他の遺族2~4組と乗船して合同で散骨をします。

粉骨、献花、写真撮影などのサービス込みで出航する場所で待合わせとなります。

乗り合いの合同散骨タイプのため、散骨日は指定できませんが比較的安くセレモニー形式の散骨が行えます。

2)個別散骨だと15~30万円程度
個別散骨は遺族のみのボート貸切りタイプです。

合同散骨と違ってこちらは散骨日の指定が可能、そして自分たちグループだけで和やかに散骨できるのが良い点です。

どちらも天候や運航状況により散骨日の延期や中止をするリスクがあります。

また港から遠方の方は交通費や宿泊費が掛かるのでそれなりの出費にはなるでしょう。

これら乗船セレモニータイプも「処分」と言うよりは、遺族一緒に故人を弔うための葬送となります。

20万円・霊園の永代供養墓に納骨

永代供養墓の姿

●永代供養墓は20万円~

永代供養墓とは合同墓のことです。個人墓と比較すると安い料金ですが、納骨料が発生するなど思った当初より総額が高くなる可能性もあるのでご注意ください。

この永代供養墓は近年、全国のお寺や民営霊園に続々と新設されているので自宅に近いお墓が選べ、管理費用、継承も不要というメリットがあります。

しかし、デメリットは他人の遺骨と混ざり合うので家族から理解が得られない、後から故人だけの遺骨が取り出せないことです。

遺骨を「受け取らない」「焼き切り」

●遺骨を引取らない、焼き切りは0円
これから火葬という場合には火葬場で遺骨を「引取らない」という選択もあります。
地域にもよりますが「遺骨は不要」と申し出れば火葬直後に限り、遺骨を引き取ってもらえる火葬場もあります。

関東では遺骨全部を骨壺に納める「全量収骨」が一般的なので、ほとんどの火葬場で引き取ってもらえません。

対して、遺骨の一部しか骨壺に納めない「部分収骨」が主流である関西では遺骨全部を引き取ってくれる事もあるようです。

また遺骨の「焼き切り」といって遺灰が残らない程の高熱で燃やし尽くす方法もありますが、火力の強い焼却設備をもつ火葬場が非常に少ない為、事前に火葬場に確認する必要があります。


以上、遺骨の処分方法をご紹介してきました。

仏教の世界では人は死んだら魂は浄土されて魂の抜けた遺骨は抜け殻のようなものとも言われています。

とは言っても、遺骨を粗末に扱うのではなく、最後まで責任を持って故人をお見送りができれば善しと言えるでしょう。

散骨代行サービス業者の申込はこちらから 海洋散骨の代行専門業者の資料請求はこちらから

サービス&料金

ご利用ガイド

散骨葬の代行業者のスタッフ写真 日本海洋散骨協会のマーク

ご挨拶

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。平安堂はご依頼者に『安い料金で信用できる散骨代行・粉骨サービス』を提供することが使命と感じております。散骨業者に遺骨を託すという事にご不安があるとは存じますが、どうか安心して弊社にお任せください。

平安堂店長  渡邉陽一郎

信頼できる散骨のために

海洋散骨の安全と信頼をお約束するため、
海上保安庁
東京都福祉保健局
へ「散骨場所・行為」の確認をしております。散骨に関する法律・ガイドラインを守るべく海洋散骨アドバイザーも在籍しています。

散骨・墓じまいの体験談

墓じまいの様子     

「墓じまい」ってどんな感じ?
平安堂の店長が墓じまい~散骨までの経験を分かりやすく解説しています。

遺骨は民間宅配業者で送る事ができないので郵便局の「ゆうパック」を利用します。遺骨を郵送なんて故人に「申し訳ないわ」、「気が進まない」と思われるかもしれません。ですが女性や高齢者が重い骨壺を運ぶことは大変です。また運んでくれる人や手段がない場合もあります。全国のお寺さんでも納骨をする為『ゆうパック』で各地から届いております。ゆうパックはお寺さんもお認める方法で追跡サービスもあるので安心してご利用できます。

骨壺を保管

よく読まれる記事

遺骨の六価クロム無害化
遺骨を遺品整理で発見した!
遺骨の処分方法と費用
遺骨を自宅で保管する方法
渡辺家の散骨体験レポート
骨壺・骨箱を処分する方法
遺骨を郵送する方法

散骨は環境に優しい♪

遺灰の主成分は自然界に存在する”リン酸カルシウム”なので海や土壌に撒いても環境汚染はなく完全に自然に還ります。石材を大地から切り出したりトラックや船で輸送など環境に負担があるお墓よりも海洋散骨・樹木葬はエコで環境にやさしい葬送であることがわかります。

散骨は49日後がいいの?

葬儀後、法要の節目の49日でなくても散骨はいつでも行うことができます。仏壇に遺骨を長く保管されている人も含めて法律的にも宗教的にも期限は無く、いつでも散骨をして大丈夫。49日は法要の一つの節目で忌明けの日に遺族が集まる事からお墓に納骨する日とされているだけのことです。 よって故人への気持ちの整理がつけば海洋散骨を検討されても良いかもしれません。

お墓より散骨を選ぶ理由

お墓を建てるには墓石代金+工事費用で平均200万円近くかかると言われています。 墓石は日本産以外に中国、インドから多く輸入されているのですが日本で流通している石材の約80%が原価の安い輸入石材です。にもかかわらず、私たちは墓石の適正価格を知らないので割高な金額を受け入れるしかありません。

また、基礎工事や重機使用の必要性がある理由以外に、そもそも工期が短いので費用が高く設定されています。 通常、霊園やお寺が業者を指定するので、私たちは見積りの安い業者も選べません。お墓だけに値切るという事も気が引けてしまいますし悲しいかな、これらの理由でお墓を高く買わざる得ないなのですね。

余談ですが、仏教発祥のインドには仏壇は存在せず日本だけが仏壇を持つらしいです。 価値観も多様化している今、仏壇やお墓を必要としない考え方、そして費用も安いということも散骨葬が選ばれている理由ではないでしょうか。

TOP▲